西暦の日付で考える前に、
「磁気の月の1日」という、コズミック・ダイアリ ー の13 の月の暦の日付を先に確認し、28日周期を身につけます。宇宙のリズムと共振し始めます。

コズミック ・ ダイアリー は、28 日周期13ヵ月
1.月は、地球の周りを27.32日周期で、まわっています。
2.満月の周期とは、満月から次の満月までの周期。それは29.53日です。 3.太陽の対地球自転周期は、約28日です。

あなたのいる地球。その地球のまわりを月が、27.32日で、まわっています。月の公転周期が27.32日。ということは、1年の間、つまり太陽の周りを地球が1回まわる間に、月は地球の周りを13回と少しまわっています。ご存知でしたか?
365.242日727.32日=13.37回
満月とは、
太陽の周りを地球が大航海(公転)している。
月がその地球の周りをまわっていて、太陽の反対側に月が来たときの状態です。太陽 ー 地球一 月が、ほぼ一 直線になったときが満月。
丸い月が太陽の光を全面で反射して満月になります。
大潮になり、サンゴの産卵など、海の生命にとって大きな影響が生まれます。
生命のリズムが生まれています。
海の生命は、満月の日の大潮によって、環境が変わるので満月の周期に大きな影響を受けます。

陸に上がった生命もいます。人間もそうです。
あなたも、もちろんそうです。
太陽の影響が、海のなかより大きくなります。
太陽も、自転しています。
太陽の自転も生命に大きな影響を与えます。
地球の気候に大きな影響を与える黒点現象。
その黒点は太陽の自転で移動します。
地球に対して、太陽の自転の周期が、約28日です。

月の公転周期 27.32日
満月の周期 29.53日
太陽の自転の周期 約28日

地球に影響を与える宇宙の周期を、この3つの太陽と月と地球が生み出すリズムを総合して推測すると、約28日になります。
27日以下や、30日以上はありえません。
28日という周期が、地球の生命に、あなたに、宇宙のリズムとして影響を与えてきたこと。そして、今も影響を与え続けているのを知ることができます。

自然時間を取り戻す  http://cosmic-diary.jp/naturaltime/naturaltime.html