ログイン
グレゴリオ暦の2017年10月18日の「13の月の暦」
黄色い水晶の種の年
自己存在の月 1日
Self-Existing Moon(Fourth Moon - October 18 to November 14)
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
Dali Seli Gamma Kali Alpha Limi Silio
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
WEDTHUFRISATSUNMONTUE
銀河の音:倍音(5)
太陽の紋章:黄色い星(8)
KIN 148 黄色い倍音の星
輝き 力を与える 指揮する
radiance empower command
気品 美しくする 芸術
elegance beautifies art
KINの書

KIN148

私は 美しくするために 力を与える

芸術を 指揮しながら

輝きという 倍音の音とともに

私は 気品の蓄積を 確信する

私は 知性の力に 導かれる

私は 銀河の活性化の正門 私に入りなさい

I empower in order to beautify

Commanding art

I seal the store of elegance

With the Overtone tone of radiance

I am guided by the power of intelligence

I am galactic activation portal enter me

 
Find GALACTIC TIME POSITION(調べたい日の「銀河の署名」の検索)
Planet Holon & Human Holon
自己存在の月

「私」の奉仕は、どういう形をとるのだろうか?

人とどう違うかという表面的なことを、個性だと考えていませんか?

宇宙の目的、生命の目的のなかで、何を自分ができるのか?

それを「測る」こと。

宇宙の摂理に目的がかなっていても、顕われる形は様々。

それは、与えられた地球上の環境の中で、形として顕れるもの。

宇宙の目的の中で、自分ができることを測ってみる。

生まれ育った地球上の環境から影響を受け、

まわりのものに影響を与える「行い」を重ねることによって、

自分のできることが形として、顕われてくる。それが「自己存在」。

「行為の基礎を確立する」4つの月。

「磁気の月」で、宇宙の目的を見つめ、

「月の月」で、二元的なエネルギーを醸成し、

「電気の月」で、宇宙のリズムに行いをつなげ、

「自己存在の月」では、宇宙の目的の中で、自分のできることを測ってみよう。

自己存在の月の28日間は、こころのもつ「定義する」という力を生み出す月。

自己存在という、ミクロなところを深く掘り下げるところから、

マクロな、宇宙の目的と結びつくものを形にしていく。

What is the form my service will take?

Original Copyright © 13 Seed Year 2006 Foundation for the Law of Time.
Coordinating operation based on the Jose's formal commission for 2012.
© 13 Seed Year 2006 by Hirohide Yanase